更年期障害で起こる頭痛の原因と対処法

更年期障害で起こる頭痛の原因と対処法

更年期障害の代表的な症状の一つが頭痛です。

更年期を迎える40代後半から50代前半ころに頭痛に悩まされる女性が少なくありません。

どうして頭痛が発生し、どう対処すればいいのでしょうか。

頭痛が起こる原因

更年期の頭痛の原因は女性ホルモンの減少です。

女性ホルモンは脳の指令によって卵巣から分泌されます。

40代後半ころになると卵巣の機能が落ちて、脳の指令を受けても女性ホルモンを分泌できなくなり、脳からの指令は出続けてもホルモンが分泌されず、脳が混乱して自律神経が乱れます。

自律神経が乱れることで脳への血流が悪くなり不安定になりやすくなります。

そんなときは女性ホルモンの分泌を促してくれるサプリなどもおすすめです。

頭痛には緊張性頭痛と片頭痛の2種類があります。

緊張性頭痛は頭を強く締め付けられるような痛みが特徴です。

肩こり、ストレスなどが原因で筋肉が凝って血流が悪くなることが原因です。

片頭痛はこめかみのあたりがズキズキと痛むことが特徴です。

吐き気を伴うこともあります。

くも膜下出血などが原因のこともあるので、長く続く頭痛は一度検査を受けましょう。

頭痛の対処方法

緊張性頭痛は血流が悪くなると悪化しやすいので、肩や首が凝らないようにストレッチをこまめにします。

疲れたと思う前に肩や首を回したりほぐしましょう。

近くばかり見ていると目が疲れて頭痛を招くので、ときどき遠くを見て目を休ませます。

片頭痛の場合は暗い場所や静かな場所で軽減することがあります。

痛みがひどいときは静かな場所でゆっくり休みましょう。頭を冷やしてあげるのもよいです。

緊張性頭痛の場合は冷やすのではなく、温めて血流をよくします。

コーヒー、紅茶、チョコレートなどカフェインを含むものは頭痛を悪化させます。

コーヒーの飲み過ぎで頭痛を起こしていることもあるので、カフェインの摂取を控えます。

薬で一時的に治まりますが、市販薬を頻繁に飲んでいると薬が原因の頭痛になります。

できる限り生活習慣の見直しなどで改善していきましょう。

頭痛を専門に診ている病院なら、適切な薬を処方してくれます。