更年期対策に最適な3つの代表的漢方薬

漢方薬は特定の症状のみならず、体質を全体的にバランスよく改善していく役割があるために、更年期のような複数の症状に悩まされがちな女性にはまさに最適です。

自分の体質にあった漢方薬を選んで服用することにより、めまい、のぼせなどの身体的症状から、うつ、イライラといった精神的症状にまで適応するのが、漢方薬のメリットでもあります。

しかも、ホルモン補充療法のような副作用の心配がなく穏やかに作用する点で、取り入れやすく安心です。その中で特に女性におすすめとされる代表的な漢方薬が3つあります。

自分の体質にはどれが合っているかという観点からの選び方について、ご紹介します。

更年期対策の代表的漢方薬「加味逍遥散」

冷え・のぼせ・めまい・イライラ・不安・自律神経失調症といった不定愁訴を訴える、更年期の虚弱体質女性に最適なのが「加味逍遥散」です。

次々いろいろな症状が気になるような女性にピッタリで、頭痛・睡眠障害なども含め幅広い症状に対応して、不安感をやわらげる効果のある漢方薬です。

虚弱女性に適応する「当帰芍薬散」

もうひとつ比較的虚弱体質の女性には、「当帰芍薬散」という選択肢があります。

冷え症で疲れやすいなどの倦怠感、そしてむくみ、貧血などにも効果が期待できます。更年期に限らず、女性のお助け漢方薬のひとつとして有名です。

中程度以上の体力の持ち主には「桂枝茯苓丸」

普通以上に体力があるタイプの女性なら、「桂枝茯苓丸」がおすすめです。

更年期によくあるのぼせ・赤ら顔・肩こり・めまいなどに著効します。血の流れが滞っていることからくる症状を、改善してくれる効果がみられます。

汗かきで困るという人にも、おすすめです。

だいたいの体質は自分でも判断できますが、正確には漢方の専門医に診察してもらうことによって、より間違いなく漢方薬の効果が望めます。

自分に効果があることがわかれば、これらの漢方薬はドラッグストアでも簡単に入手できるので、日々のケアに活かしやすく重宝します。