更年期と不定愁訴の関係性はと対策とは

更年期と不定愁訴の関係性はと対策とは

更年期の症状は十人十色です。

頭痛や吐き気、のぼせなど、病名がつくようで、つかないのが更年期の症状です。

いくつかの病院を転々として、CTやMRIなど.高いお金を出してあらゆる検査をしても病名がわからなくて、対処法として、その場は、お薬を出されて納得できずに診察が終わり。と言うこともよくあります。

まさに不定愁訴です。

不定愁訴の漢字は、秋に心と書きます。

まさに秋のような心細い季節のように、体調不良が心身ともに不定期に起こることです。

病院で、しっかり検査を受けても、病名がつかなく、血液検査をしてホルモン検査の数値が、閉経に近かったりまたは閉経です。

と診断されて、更年期症状です。と言われた時の対処法として、私は、オイルトリートメントや、民間療法や東洋医学をお勧めします。

民間療法は様々ですが、オイルトリートメントや足つぼ等は、自律神経の調整を促し免疫力を向上させる働きがあります。

施術や手技は様々なので、自分に合う施術を受けて心身ともにリフレッシュリラックスをお勧めします。

更年期症状と診断されて、更年期治療を受けている方もたくさんいると思います。

更年期治療は、婦人科では足りなくなったホルモンを、体に取り入れるホルモン療法や、更年期治療と診断された方が、保険適用で受けられる、プラセンタ注射療法。
プラセンタ注射は、いちど受けると輸血ができません。

ですがホルモン治療と違い、アミノ酸なので、更年期のみならず慢性の病気などにも効果的です。

ホルモン療法に、抵抗がある方はプラセンタ注射はおすすめです。