2度の出産後の肥満、加えて更年期でますますイライラ

20代での最初の出産…

一人目の子を出産したのはちょうど今から12年前の29歳の時。

初めての出産に初めての育児、慣れない尽くめで心身ともに疲労の毎日ではありましたが、何分まだ若さがあったせいか、子供が2,3歳になる頃には少しずつ余裕もでき、軽い運動や食事バランスなどに気を遣い、出産前に近いくらいにダイエットもできました。そうなると気持ちも生き生きし、育児を楽しむ明るい毎日でした。

30代半ばでの2度目の出産…

一人目の子を幼稚園に入れ、親子ともに幼稚園生活を楽しみながら、日中は自分の時間も少しずつ持てるようになり、だいぶ子育てにも慣れた頃、二人目を妊娠しました。

だいぶ慣れた育児でしたが、やはり一人目の時とは違い、いくら妊婦とはいってもゆっくり休む余裕はなく、また幼稚園に通う上の子から風邪をもらってしまったこともあり、お腹が大きくなるにつれ、とても大変な妊娠生活でした。

そして出産後も、ゆっくり床上げを待つことも出来ず、忙しい毎日でした。実家からは少し離れていたので、緊急時以外はなかなか助けも得られず、ちょっと無理をしたかなあと今でも思います。

また二人目の子はなかなかまとめて寝てくれない子だったので、夜も常に寝不足状態が2、3年も続き、持病の腰痛が出たり、コンタクトレンズ使用の為に目の疲れも加わり、幼稚園に通園させる頃までは本当にクタクタの毎日でした。

若いと思っていた自分も、育児に追われている間にあっという間に30代後半にさしかかり、以前に比べると痩せにくくなった事、また体形の変化をしみじみ感じる毎日でした。

毎日の生活の疲れで、なかなか以前のようなダイエットも続かず、また食事を制限すると疲れやすく風邪もひきやすいなど、もやもやすることも多かったです。

とうとう40代、そろそろ更年期?…

なかなか寝てくれず毎日寝不足が続いた日々から数年、ようやく二人目の子が小学校に入り、だいぶ自分の時間が持てるようになり、少しずつ楽になってくると、今度はあちこち出てくる体のトラブルに悩まされるようになりました。

もともと若い頃から腰痛が出やすい体質だったのですが、さすがに40を超えだすと、ちょっと無理がたたっただけで腰が痛くなり、どこかを使い、首が凝り、肩が凝り、腕が上がらない、眼精疲労で頭痛が止まらない、朝からあちこちの痛みでやる気が出ない、疲れがなかなか取れない、痩せようと努力しても余計なところにお肉がつくばかり、なかなか体形は戻らない…などなど、言い出したらきりがない位言う事だらけです。

子供もだんだん大きくなり、家計もだんだんと出費が重なりこれからはますます働いて元気に頑張らないといけない働き盛りですが、更年期になり、なかなか思うようにいかずイライラと付き合いながらの毎日です。
                
とにかくきりがない位いろいろな悩みや問題が次々に起こり、日々大変です。

ですが、女性は、いくつになっても健康できれいな自分でいたいと願うもの。

最近は朝になると体の痛みを和らげるためにストレッチをし、体にいいといわれる白湯で体を中から温め、サプリメントや栄養のバランスを考えた食生活など、できる努力をすこしずつ取り入れています。

長生き時代だからこそ、明るい自分でいられるように頑張っていきたいです。